Our Story

廣田硝子は1899年に東京で創業。日本で最も歴史のある硝子メーカーの一つです。近代にヨーロッパから伝わったガラス製造は、日本の美意識と融合し、日本独自のデザインを開花させました。廣田硝子は、創業より社に伝わる貴重なデザイン資料を元に、江戸切子や吹き硝子など脈々と受け継がれる手仕事による伝統的製造を継承し、現代のインテリアに調和するプロダクトを作り続けています。

1899

画像

1899年 廣田金太氏(1代目)が硝子食器販売を創業。

1915

画像

1915年 東京市本所区横川にて硝子コップを製造開始。

1920-2002

画像

1920-2002年 廣田榮次郎氏(2代目)は事業を拡大。東京の硝子産業の発展に尽力。

1950

画像

1950年 廣田硝子株式会社設立。

1985

画像

1985年 新潟県燕市に商品センターを新設。

2002

画像

2002-2007年 廣田達夫氏(3代目)は手作業にこだわり新商品開発を手がけた。大正時代に流行したクラシックグラスの復興に貢献。

2004

画像

2002-2007年 廣田達夫氏(3代目)は手作業にこだわり新商品開2004年 江戸切子の製作工程が学べる体験型施設「すみだ江戸切子館」開設。

2007

画像

2007年 廣田達朗氏(4代目)がディレクター就任。

2017

画像

2017年 江戸ガラスの装飾が学べる体験型施設「すみだ和ガラス館」開館。

Videos

Info

社 名
廣田硝子株式会社 HIROTA GLASS co,.ltd
創業
明治32年5月1日
会社設立
昭和25年3月1日
所在地
● 本 社
〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-6-5
TEL 03-3623-4145 FAX 03-3623-8892
E-mail hirota-g@hirota-glass.co.jp

● 商品センター
〒959-1273 新潟県燕市杉名811-1
TEL 0256-64-2770  FAX  0256-64-4171
E-mail tsubame@hirota-glass.co.jp
資本金
1500万円
営業品目
和洋ガラス食器・インテリアガラス・ガラス小物・業務用食器・江戸切子・その他・特注OEM制作
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 錦糸町支社
みずほ銀行 亀戸支店
商工中金押上支店
中小公庫本店
第四銀行燕支店
加入団体
東京硝子製品協同組合・東京商工会議所

Our Team

写真

廣田 達夫

代表取締役会長

写真

廣田 達朗

代表取締役社長

写真

川井 更造

江戸切子職人