廣田硝子 Hirota Glass 廣田硝子 Hirota Glass 廣田硝子 Hirota Glass
toggle
About
About

1899年の創業より、
硝子の美しさに魅せられ一筋に歩んで参りました。
東京錦糸町・廣田硝子だけにしかないものを、
これまでもそしてこれからも丁寧に作り続けます。

Founded in Tokyo in 1899, Hirota Glass has established itself as one of the oldest pioneers of the Japanese glassworks industry.
Marrying the traditional glass manufacturing methods of Europe with Japanese artistry,
Hirota Glass have created their own signature style;
one that explores hand crafted glass to its artistic limits whilst staying true to its classic designs and infleucnes dating back to the pre-war period.

大正浪漫
大正浪漫硝子は、明治大正時代に盛んに使われた日本独特の成型方法でつくった乳白色の硝子器。硝子の中に特殊な原料を入れ急激な温度差を与えることによって乳白色に発色させる、熟練した職人と精密な金型により生まれる特別な工芸商品です。